About

プロフィール

  • 名前
    • 時藤 資樹(ときふじ もとき)
  • 役職・肩書き
  • SNSなどのID
  • 仕事に関する自己紹介
    • elevennines, Incという"CO-DESIGNする会社"で以下を担当しています
      • 自社サービスのインフラの調査、導入、運用
      • 自社内のツールの調査、導入、運用
      • その他
        • 受託案件の制作・開発
        • チームビルディング(マネージメント?)
        • なんでも「書け」って言われたら書くので言語やFrameworkは浅く広くHeroku
    • 自社外では以下を行っています
      • 派遣先企業への技術提供
        • コンサルティング
        • マネージメント
        • 開発
  • その他、活動等

最近気になっていること

チームビルディングをするにあたり「自分はここだけ責任を持ってやっていればいい」という考え方が一部であり、メンバーが積極的にお互いの状況を認識していないため本来作業量を圧縮できるかもしれないところをできていなかったりする。そう言った状況下でどのように状況を共有して効率化できるか?また、反対にスタープレイヤーへの負担や負荷をいかにバランシングできるか?

好きなサービス